最近増えてる出会い系サクラ・業者の手口

最近増えてる出会い系サクラ・業者の手口

出会い系初心者が良く引っかかるのが「業者」

 

そして彼らが使うのが「初回だけお金払ってくれませんか?」

 

といった、いわゆる「今回だけ助けてくれませんか?」的な援助系のお願いです。

 

実際にヤフーの知恵袋でも業者とわからず、こういう提案に困惑してる男性は多いみたいです。

 

※ヤフーの知恵袋より抜粋

「初心者ですが、最近セフレを求め出会い系を始めてみました。
やってみたのはミントCJメールとYYCです。
YCCの方でTさんという方と連絡するようになりいい感じに話が進んでいました。
そこで会う約束をしたのですが、いい関係にしたいので初回のみ2万程頂きたいということでした。
次の日Jメールの方にもTさんからメールが届いていました。
プロフィールも自己紹介の始まりかたも同じ感じだったので同一人物だと思います。
しかし、JメールのTさんは翌日になると規則違反のため利用停止になっていました。
最初はTさんのことを信頼して会うつもりだったのですが、初回のみ2万のこともあり会うことが怖くなってきました。
どうしたらいいのでしょうか?」

そもそもこのミントCJメールはアダルトな出会いを求める男性が集まりやすい傾向があり、それに合わせて業者も多く存在します。

 

例えばアダルト掲示板に書き込みをしている女性にマトモに会える女性はいないと考えてよく、業者やキャッシュバッカーは目立とうとするため積極的にアダルト掲示板への書き込みを繰り返しています。

 

この投稿者が相手にしている女性もいわゆる業者です。

 

「初回のみ2万円」というフレーズは他のサイトでもよく見かけるものであり、業者が男性を釣るための決まり文句なので覚えておきましょう。

 

次回からは体のみの関係でOKという意味の言い回しなのでしょうが、どういう約束で一回目の後に別れたとしても、もちろん次回はありません。
次に会えたとしてもまたお金が必要になる流れになるでしょうね。

 

2万円を払えば体の関係は持てるのですが、相手は業者であり単にお金目当ての出会いでしかないので、満足できるプレイができるかどうかの保証もなければ相手に責任もなく、風俗にお金を払った方がよっぽどマシな事が多いです。

 

そもそも出会い系サイトで言う業者とは、無許可で営業している女性斡旋業なので、性病のリスクや相手が未成年である可能性もあり、単にお金を払って素人女性とヤレるサービスだと思ったら大間違いです。

 

またこの投稿者の相手女性は業者らしくサイトをまたいで活動しており、名前や文面が同じだということから怪しさ満点なのですが、百歩譲ってやり取りだけでは業者だと分からなくても、一方のサイトで利用停止を喰らっている時点で完全アウトと判断することができます。

 

優良サイトでは、スタッフの見回りや利用者からの通報などにより、業者だと判断された会員は有無を言わさず強制退会措置を受けます。

 

メールでのやり取りがどんなに盛り上がっていたとしても、利用停止を受けた女性を追いかけてはいけません。

 

セフレが欲しいという気持ちは分かりますし、実際に僕も出会い系サイト経由で過去に何人かの女性とセフレの関係になれたことはありますが、セフレを求めている女性をピンポイントでゲットするのはある程度出会い系に慣れてからでないとリスクが高く、まずはとにかく出会う事自体を目標に頑張るべきだと考えます。